ミュージシャンという顔のほかに、小説家、映画監督としても活躍中の辻仁成さん。

女優・中山美穂さんと2014年7月に離婚され、現在はフランスで息子さんと一緒に暮らしています。

息子さんはフランス生まれのフランス育ち、名前を十斗(じゅうと)君と言います。

辻さんのツイッターでは、二人の素敵な親子愛を見ることができますが、実は、辻さんには前妻・南果歩さんとの間にもう一人の息子さんがいます。

今回は、辻仁成さんの息子さんについて迫ってみます。

スポンサーリンク

辻仁成の息子 名前は十斗くん

辻

辻仁成さんの元奥さんは女優・中山美穂さん。お二人は2002年6月に結婚され、2004年1月に息子さんが誕生しました。

ちなみに、上の写真がよく辻さんの息子と出回っている画像ですが、こちらは辻さんの著書を自ら監督した映画「ACACIA」に出演した「林凌雅」君。お間違いなく。

本物の辻さんの息子さんの名前は十斗と書いて「じゅうと」君と言います。

これは、フランスで生まれ、これからもフランスで育って行くだろうという息子を思い、フランス語の発音でもしすいことを考えてつけられた名前だそうです。

結果、十斗君が10歳になってからの辻仁成さんと中山美穂さんの離婚。

親権は、辻さんが持ちました。

世間では、子供を捨てて日本での恋人との暮らしを中山美穂さんが選んだという見方もあるようですが、

一方で、フランスで生まれ育った子供がこれから暮らしていくのに、日本に戻りたい自分ではなく、フランスで居続ける父親と暮らした方が息子のためになる、と中山美穂さんが考えたからという見方もあります。

十斗くんのことを考えると、後者であってほしいですね。

辻仁成さんのいうところでは、十斗くんが自分でフランスに残ることを選択したそうですが、見知らぬ土地で母と暮らすか、住み慣れたフランスで父と暮らすか、10歳という年齢で選択せざるを得なかったことを考えると胸が痛いです。

辻仁成のツイッターに見る親子愛

辻3

今年1月で12歳になった十斗君は現在中学生。2016年9月からは2年生になるようです。

フランスの小学校は、日本で言うと小学5年で終了だそうで、一年の半分はお休みなんだとか。夏休みも日本より1ヶ月長く、日本の子供たちがすれば、うらやましい限りでしょうが、辻さんいわく「親は大変」とのこと。

よく、わかりますよ、辻さん。

十斗君はバレーボール部に入っていて、自宅ではあまり会話はしないそうですが、休みの日には公園で一緒にバレーボールの練習をしたりするそうです。

以前は、十斗君の学校が休みになると、十斗君はパパ友のロベルトさんというイタリア人の家庭に預け、単独日本で活動をしていたそうですが、もし辻さんにもしものことがあると自分が一人ぼっちになるということで、それ以降は辻さんに同行している十斗君。

辻さんのツイッターには、息子への温かいツイートが満載ですが、突然父子家庭になり、何より母親のいる家庭に引け目を感じることがないようにと、食事作りに励まれているのは有名ですね。

私がジーンとしたツイートはこれ。

親子って本当にいろいろあるもの。

でも次の日にはこうやって日常に戻れるって「信頼」があるからかなと思います。

それって、多分、辻さんが辻さんの親御さんから受け継いだものなのかなとも思います。

同じツイッターで、福岡在住の母親のことを慕う辻さんの姿を見ると、この人、子育て失敗しないだろうな~と思ってしまいます。

スポンサーリンク

辻仁成の生きる姿勢がカッコいい!!

辻仁成さんには、2000年に離婚した南果歩さんとの間に成人を迎えた息子さんもいます。

普段、辻さんがこの息子さんについて言及することはありませんが、その順調な成長ぶりは南さんのツイッターなどにも見ることができますから、辻さんも実の父親として、陰から見守っているのかもしれません。

辻さんが著書「息子に贈ることば」を執筆するにあたり、こんなことを言っています。

「息子が父親を必要とするときのために、何か残してやらなければと、もしものことを想定し、言葉を残せたらと思ったんです。自分が元気なうちは息子を守ってやろう。でも、僕の命が尽きたら、その後は、僕が紡いだ言葉たちが息子を守り、彼をきっと支えてくれるだろう、分身となってね。」

引用元 http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160327/Weeklyjn_10259.html?_p=2

本当に温かい言葉ですね。

先日は熊本の被災地にもかけつけ、チャリティライブも開催された辻さん。日々のツイートにも、そんな社会への姿勢にも、辻さんの熱い思いを感じますね。

きっと息子の十斗くんも父親のそんな背中を見て、まっすぐに育つんだと思います。同じ親として、見習いたいものです。

スポンサーリンク