プロレスラーの棚橋弘至さんが「しゃべくり007」に出演されます。

あまりプロレスに興味のない私でも、棚橋弘至さんのことは知っていますから、それだけ超メジャー級ということですね。

そんな棚橋弘至さん。

39歳という年齢にもびっくりですが(もっと若いと思ってました…)、「原仁美という女性に刺される」というとんでもない過去の持ち主というから驚きです。

今はお嫁さんと二人の子供さんと素敵な家庭を築いている棚橋さんですが、どうしてそんなことになってしまったのか。

そんな事件を共に乗り越えたお嫁さんがどんな人かも気になります。画像が見たいところですが…。

今回は、プロレスラー・棚橋弘至さんについて探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

棚橋弘至さんのプロフィール

棚橋2

1976年、岐阜県大垣市に生まれた棚橋弘至さんは、立命館大学法学部に入学。

大学ではプロレス同好会に在籍し、プロレスにハマっていたようですが、3年生の終わりに3度めの正直で新日本プロレスの入門テストに合格。

長州力さんのすすめで、大学卒業後の1999年に新日本プロレスに入りました。

入門してしぱらくは武藤敬司さんの付き人などを務めていましたが、程なくデビュー。

対戦相手は真壁刀義さんでした。

棚橋弘至が原仁美に刺されるという事件はなぜ起きた?

棚橋1

棚橋弘至さんが新日本プロレスに入り3年が経った時のこと。

2002年11月、棚橋弘至さんが、当時交際していた原仁美さんという女性に刺されるという事件が起きたのです。

当時の記録によると、棚橋さんから「彼女ができた」と切りだされ、ショツクを受けた原仁美さん。

棚橋さんは内心、原さんとの関係を続けたかったようですが、原さんは「弄ばれた」としか感じなかったそう。

そして、このままだと2度と自分の元に棚橋さんが戻ることはないと思った原さんは、絶望の縁に立たされ、棚橋さんの背中をナイフで2回刺したのでした。

当時、23歳だった原仁美さんはタレント活動をしており、原さんが棚橋さんに送ったファンレターがきっかけで交際が始まったのだとか。

しかし、この時すでに棚橋さんは現在のお嫁さんと同棲していて、呆れたことに原さん以外にも付き合っていた女性がいたと言います。

プロレスラー仲間からは「いつか刺されるぞ」ともっぱらの噂だったようですが、まさかそんな噂が現実になるとは。

しかし、プロレスラーらしい武勇伝として、刺された直後、自分で原付きパイクを運転して病院に行ったのだとか。1.7リットルもの血液を失い、意識不明になるほどの大けがだったようですが、命はとりとめました。

原仁美さんはもちろん逮捕されたのですが、棚橋さんの意向が働いてか、執行猶予がつき、懲役3年執行猶予4年の判決となりました。

棚橋弘至の嫁はどんな人?画像が見たい

棚橋3

事件から半年後の2003年5月、よりを戻した形で、事件当時同棲していた彼女と結婚した棚橋さん。

実は、この結婚したという事実は4年間伏せられており、発表されたのは2007年のこと。

奇しくも、原仁美さんの執行猶予が終わるタイミングでの発表だったのでした。

この時、棚橋さんには3歳の女の子と2歳の男の子がいることも発表したわけですが、その発表の席には大変重い空気が流れていたと言います。

さかのぼって考えれば、事件直後に結婚していたことがバレますからね。

お嫁さんは中学時代の同級生ということで一般人。残念ながら画像を探すことはできませんでしたが、とんでもない事件をよくぞ乗り越えたなと感心してしまいますね。

私だったらと考えると、なかなか許せないような気がしますが、許してしまえるほどの魅力が棚橋さんにはあったのかもしれませんね。

現在では、中1の娘、小5の息子のよきパパとして「ベストファーザー賞」まで受賞するほどに。

塾や習い事のお迎えから洗濯までこなすよきパパに変貌をとげた棚橋さんなのです。

ちなみに、上記の写真は長男・しりゅう君とのツーショットです。ブログにはこんな子供さんたちの話題も多いんですよ。

スポンサーリンク

棚橋弘至の魅力にハマりそう

「刺される」なんていう体験をし、その理由が理由だっただけに、干されても仕方がない状態だったにもかかわらず、見事V字回復を遂げた棚橋弘至さん。

事件の直後、大先輩・長州力さんからもらった花には

「人生は長い、あきらめずに頑張れ」

という言葉が添えられていたと言います。

また、師匠であるアントニオ猪木さんからは

「スキャンダルを糧にしろ」

と言われ、棚橋さんは新日本プロレスのトップにのぼりつめたのでした。

妻からも大先輩たちからも見放されなかったのは、その人柄なのかもしれません。

 

棚橋さんは新日本プロレスの立て直しをはかるにあたり、自分という人間を多くの人にアピールすることから始めたそうです。

そして、棚橋弘至という人に興味を持った人が、プロレスにも足を運ぶようになりました。

作りものの人柄には、人はついていきませんし、それが本当の棚橋さんなんだろうなと思います。

今からもいろんな仕掛けをプロレスで見せてくれるでしょうね。

私自身、棚橋弘至さんにとても興味がわいてきました。過去のことは気にせず、生まれ変わった棚橋さんに注目していきたいと思います。

スポンサーリンク