ニューヨークはマンハッタンにある、かの有名なトランプタワーで火事が起きたと大騒ぎですね。
そりゃあ、セレブが多く住むことで知られるタワーですから、火災時にトランプ大統領はもちろんセレブたちがいたのか、気になります。

そもそも、火事の原因って何だったのでしょう。

それにしても、動画を見てビックリ!! トランプタワーってこんな大きかったんですね。ここまで豪華なビルとはしみじみ驚きました

スポンサーリンク

トランプタワーの火事の原因は?

マンハッタンの中心地・ミッドタウンに位置するトランプタワー。

黒光りするガラス張りの外観。中の装飾はゴールド、床はもちろん大理石…。
202メートルもの高さがあり、58階建て、最上階にはトランプ大統領の居宅があることで知られています。

こんなとんでもなくゴージャスなビルで、1月8日の朝、火事があったんだとか!!

そりゃあ大変!!と思って調べてみると、大したことはなくいわゆる「ボヤ」。
燃えていたのは屋上部分で、まるでのろしがあがるように、高いタワーのてっぺんから煙が立ち上っていて、2人が怪我をし、1人は重傷だと言います。

この火災の原因や理由が気になるところですが、地元の警察の話によれば「漏電」だそうです。

動画を見ると、屋上にはいろいろな機械のようなものが置かれていた様子。
地元の報道を見ても電気系統によるものというのが原因のようです。

動画はある?

現地アメリカでは、大々的に報道されていた様子です。
だって、トランプタワーの屋上からモクモク煙が出ていて、マンハッタンの大通りを消防車が占拠する状態なんて、そうそうないですからね。

しかし、すごい高さですね。こんなところによく住めるもんだと思います。 こんなに高いビルなのに、ニューヨークでは52番目の高さと言いますから、どんだけニューヨーカーって高いところが好きなんでしょう。

火を消す消防隊員も大変だと思いますよ。体力と技の勝負といったところでしょうか。

スポンサーリンク

火災負傷者は有名人セレブ?

このトランプタワーのマンション部分には、多くの有名人セレブが住んでいることで知られています。 あのビル・ゲイツやビヨンセ、ハリソン・フォードも住んでいるのだとか。

家賃は安くて700万円と言いますから、よほどのセレブではないと「住む」なんてできませんね。

そんなマンションですから、今回の負傷者ももしや有名人の誰かではないか?と心配になります。 でも、今回火災が発生したのは、屋上部分。セレブが足を踏み入れるような場所ではありません。 まったくの予想ですが、火事現場に遭遇した作業員などの可能性が高いのではないでしょうか。

とにもかくにも、こんな高所からだと、けが人を運び出すのも大変ですよね。命に別状はなさそうですので、早い回復をお祈りしたいものです。

火事自体はボヤと呼べるもので何よりでしたが、地上では専用車両による大騒動が起きていた模様。 トランプタワーほどの建物ですから、管理もしっかりしてほしいものです。

スポンサーリンク