皆さん、あけましておめでとうございます。
年の始めは、お年玉や年賀状など楽しみが多くてワクワクしますね。

木村拓哉さんがCMを務めたことで話題になったLINEのお年玉が私にも届き、「100万円当たったらどうしよう!?」とニヤニヤして開封すると、何と4等1円でした。

今回の1等は100万円
年明け早々、こんな大金が当たったら大騒ぎですね~。
当選確率ってどんなものなんでしょうか。

2018年は2017年よりケチってるという噂もあるLINEのお年玉について、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

LINEのお年玉100万円の当選確率は

2017年のお正月に大人気で話題となったLINEのお年玉
2018年版も販売され、またもや話題となっています。

あのキムタクをCMに起用するぐらいですから、このイベントにどれだけ気合を入れているか、LINEの気合が感じられますね。

今回も1等は100万円

昨年はたったの3本の当選本数だったのですが、今年はな、なんと
大盤振る舞いの100本

LINEすげ~!!!!!!!!!

3本だと果てしなく確率はゼロに近い感じですが、100本となると、可能性も見えてくる気がしますね。
気になるのはその当選確率ですが、どんな感じなんでしょう。

1月3日までスタンプの購入ができるので、まだ厳密な確率は今のところわかりません。
参考に見てみると、2017年は2449万個のお年玉が送信されたようで、昨年の1等100万円の当選確率は

0.000000122%

ほぼゼロと言ってもいい数字ではないでしょうか。

もし、2018年も同等のお年玉が送られるなら、その当選確率は

0.000004083%

あれ。これもまた果てしなくゼロに近いかも…。
それぐらいこのお年玉が人気ということですね。

でも、まるっきりのゼロではありませんから、ドキドキしながら「開封する」ボタンを押してみてくださいね。

LINEのお年玉2018年は2017年よりケチ?

2018年のLINEのお年玉総額は2017年よりケチられているとの噂があります。

LINEというツールが一般化し、老若男女に親しまれているわけですが、それだけ会社も大きくなっているでしょうに、まさか年の始めのめでたいお年玉をケチるなんて…。

で、見てみました。
ちなみに、2017年の当選はこちら。

1等 100万円×3本
2等 1000円×20万本
3等 100円×200万本
4等 10円×1470万本
総額5.5億円です。

そして、2018年の当選はこちら。
1等 100万円×100本
2等 1万円×1000本
3等 1000円×10000本
4等 1円×1000万本
総額1.3億円です。

なんと4.2億円の減額・・・。

今年は120円のスタンプ賞が70万本あるので8400万円加えたにしても、昨年の額には遥か及びませんね。
1等が一気に3本から100本に増えたので騙されそうですが、どうしたことでしょうね。

スポンサーリンク

ちなみに私の当選金額は…

私にも送られてきました、LINEのお年玉。
胸踊らせて開封してみましたが、4等1円でした…。
次のお年玉が届くのを待ちたいと思います。

が、4等でも貴重なんですよね。だって、当たらないのが多数のはずですから。

そう考えると、私ってラッキーかもっ!

そう信じ込んで、2018年も頑張っていきたいと思います。
皆さんにもたくさんの幸が舞い込みますように。

スポンサーリンク